【2015】JFL2nd第10節 vs 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦

2015/10/04

 
10月3日(土)に口論義運動公園サッカー場で行われましたJFLセカンドステージ第10節
【FCマルヤス岡崎 vs 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎】の試合結果をお知らせいたします。

試合結果:FCマルヤス岡崎 2-0  流経大ドラゴンズ龍ヶ崎
<得点者>
35分 #9 加藤 一也
81分  #34 佐野 裕哉

試合会場:口論義運動公園サッカー場
試合詳細はこちら





試合前集合写真


円陣を組むFCマルヤス岡崎の選手たち


1点目の決まった直後のシーン


追加点を挙げた#34佐野 裕哉選手


ヒーローインタビューはもちろんこの人!!
先制点を挙げた#9加藤 一也選手


監督インタビュー

山村 泰弘監督 コメント

■前半のアクシデントにより投入した加藤選手が先制ゴール。どんなことを伝えて送り出しましたか。
『自信を持ってやれということと、相手ディフェンスのアプローチに
絶対に負けるなということ。また、平野との関係を大事にプレーするようにと伝えた。
(加藤選手のリーグ戦初得点について)
時間は掛かったが、初ゴールを決めたことで波に乗って欲しい。』

■危ない場面もあった中で最後の一線で集中した守りを見せました。守備陣の良かったところは。
『思いがけないファウルもありセットプレーが多い展開だったのでそこが一番怖かったが、
選手たちがそれを理解して守ってくれた。加えて、危ない場面では身体を投げ出してでも
シュートを防いだ。この粘り強さも評価出来る。』

■熊澤選手がゲームキャプテンを務めるようになってから成績が向上しています。彼のキャプテンとしての魅力は
『コミュニケーションをしっかり取れる選手なので、味方と話すことでリーダーシップを発揮してくれる。
それに他の選手達が呼応してくれればチームの調子を維持出来ると思う。』

■シーズン30試合の中でも重要な一戦でした。チームとしてどんな意気込みで臨みましたか。
『この試合に負けたら我々に後はない。残り5試合のことは考えず今日勝つ為に全力を注げと伝えた。
90分の間にミスもあるだろうが、チームの為に戦って起こった物ならばポジティブに捉え、
それは自分達が勝つ過程の一つなんだと考えようという話もした。』

■残留争いにおいて大きな白星を得ました。この勢いを次節以降へと持続させる為に、どんな準備をしていきますか。

『リーグ戦も佳境に入り、選手たちには疲労もあると思う。
次の試合まで1週間空くので、コンディションを整えて奈良戦に臨みたい。』

記事一覧

日付 カテゴリ 記事
2015/04/19 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第7節 vs流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦
2015/04/12 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第6節 vs奈良クラブ戦
2015/04/06 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第5節vsFC大阪戦
2015/03/31 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第4節vsHondaFC戦
2015/03/23 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第3節vsSP京都FC戦
2015/03/15 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第2節vs鹿児島ユナイテッドFC戦
2015/03/08 JFLファーストステージ 【2015】JFL1st第1節vsソニー仙台FC戦
2014/11/09 JFLセカンドステージ JFL2nd第13節HondaFCの結果を掲載
2014/11/01 JFLセカンドステージ JFL2nd第12節佐川印刷京都の結果を掲載
2014/10/26 JFLセカンドステージ JFL2nd第11節鹿児島ユナイテッドFCの結果を掲載
2014/10/05 JFLセカンドステージ JFL2nd第9節横河武蔵野FCの結果を掲載
2014/09/28 JFLセカンドステージ JFL2nd第8節ソニー仙台FCの結果を掲載
2014/09/20 JFLセカンドステージ JFL2nd第7節レノファ山口FCの結果を掲載